便利なコルクボードの使い方

100円ショップなどでも購入することが出来るコルクボード。色々な使い方が出来るのでとても便利なのですが、「自分が知っているもの以外に、どんな方法があるのかな?」というのが気になる所でもありますよね。

王道な所では、お気に入りの写真やポストカードを飾るという方法ですが、この他にも簡単にリメイクをする事が出来るんですよ。


タイルやマスキングテープを有効活用

このアイテムが便利に使える

コルクボードの中には、周りが木の淵で囲まれているタイプがありますが、その淵の部分を同じく100円ショップなどで購入をすることが出来るタイルやマスキングテープを使って枠を飾り付けることも出来ます。

お部屋のインテリアと雰囲気を合わせることで統一感も出ますし、貼るだけの作業なので不器用だという人でもそれ程難しくないでしょう。手先が器用でアレンジをすることが好きな人なら、コラージュを楽しんでみてはいかがでしょうか?

お花やレース、リボンや切り絵、可愛いデザインのボタンを使って飾りつけをすると、100円ショップで購入をしてきたコルクボードとは思えない仕上がりになります。

また、布を貼ってファブリックボードにすると、ガラリと印象も変わりますし、カーテンやソファー、クッションと同じ柄にするとさらにオシャレな雰囲気に仕上がりますよ。


「見せる」アレンジもおすすめです

ついつい増えすぎてしまうアクセサリー類。収納場所に困る事ってありますよね。

  • 「ここに置いたはずなのに無い」
  • 「ピアスが片方見つからない」
  • 「今すぐ使いたいのにネックレスのチェーンが絡まって使えない」

と言うことも良くあります。そんな時に、見せる収納が出来るコルクボートがあると凄く便利です。

ピアスを直接コルクボードに刺しても良いですし、ピンを使ってピアスやネックレスを掛けておくことも出来ます。フックタイプのもであれば、リボンを巻きつけてそこに引っ掛けておくという方法もおすすめです。

敢えて見せるようにして収納することで、何が何処にあるのかが分かりやすくなります。似たようなアイテムばかり増えてしまうという人は、自分がどんな物を持っているのか把握出来ていない事が多いので、コルクボードを使った収納というのは一石二鳥なんですね。


使用するピンを確認しよう

ピン選びにもポイントがあった!

コルクボードを使う時に良く利用するピンですが、デザインや値段、使い勝手の良さだけで選んでしまってはいけません。というのも、コルクボードには厚さがあり、その厚さよりも長いピンは刺した時に後ろから突き出てしまうからです。

後ろ側なので部屋の中からインテリアとして見た時、気になったりすることはありませんんが、壁や手を傷つけてしまう可能性も十分あります。

出来るだけ厚みのあるコルクボードを探したり、ピンの針の部分が短い物を使うようにしましょう。購入をする前にパッケージを確認して、コルクボードよりもピンの針が長くならない物を選ぶのが一番です。

また何度も同じ場所にピンを刺し直すと穴が大きくなってきてしまい、ピンが取れやすくなってしまいます。あらかじめピンを指す位置を決めておくと良いでしょう。